スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 鳥ブログへ

アカオクロオウム

《パロットパラダイス》


 GW パロットパラダイスにいってきました^^

 まず 駅でお迎えしてくれたのは ポストの上のモモタロー
 モモタロー
 なんだか ウザ可愛い(笑)

 
 アカオクロオウムのペア
 DSCF4912.jpg
 その奥で  ペアを覗いている子もいる

 独身 オス♪
 DSCF4918.jpg
 特に手乗りって事はないけど 数センチまで寄ってきてくれて 愛想よかった♪


 パロットパラダイスさんは 輸入販売したり 自家繁殖の子達も販売されていますが

 莫大な数 種類がいて いっぱいの鳥達を見せてもらえました^^


 今まで 他店でも 鳥を販売されているお店もあるし 自家ブリードして 直販したりする

 ブリーダーの方もいます。  1つ疑問がありました。

 たくさん鳥を扱うと どこかに 異常がでてくる子とか 怪我してしまったとか  

 売れない子って絶対 出てくると思っていました。

 まわらせてもらっていると 1度飼ったけど 家族が怖がるからと もってこられたという

 キバタンがいました。 そうか・・・そんな時もあるわなぁ~ とか思いながら見ていたけど

 1つ 腹がたったのが ブリードでは使えないからと 持ってきたというクルマサカオウムが

 いました。 ブリーダーが 皆そういう考えかわからないけど 使えなくなったら

 御用済み、 いらない子って 何なん? って。  愛護団体でもないですが お金設け

 できない鳥はいらないって事? 見えない奴に 腹たって聞いていました。

 

 まわっていると 目がみえにくい?アキクサインコがいました! 他の子達は

 木にとまっているけど その子は 群衆から離れ 1匹 離れたとこにじっとしていました。

 餌が食べづらいので その子の周りにまき餌してあげたりしてました。

 また別の子は 足が悪く 売れない子も混じってきたみたいで これは私が面倒みてやらんと

 あかん子だとも言っておられました。

 前回訪問させていただいた時は そんな細かい事までは目にとまらなかったけど

 莫大な数の鳥を1人で ほぼ面倒見ていながらも 個別に 少し体の悪い子とかも ちゃ~んと

 1室あげて 売れないけど 責任持って飼ってあげているパロットパラダイスさんで

 鳥を飼うのには 大先輩なんですが 心の中で 「偉いなー」と 鳥が好きなんだなーと

 私も当たり前だと思う事だけど なかなかできない事だと思いながらいっぱい見せてもらいました。


 帰りに もらった アカオクロオウムの尾羽根
 DSCF4950.jpg

 パロットパラダイスさんに行って 気分リフレッシュ また頑張ろうと思えたな~(^^)v


↓ 更新の励みになります 応援クリックしていただけると とても嬉しいです
にほんブログ村 鳥ブログへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

クウちゃんのことは残念だったけど、生き物飼っていると、こういう場面とは絶対に遭遇することになるよね。
しかもあまりメジャーじゃない生き物だと、情報とか診てくれる医者も少ないし・・・仕方がないとは言いたくないけど、あり得る事態だということは覚悟して飼い始めないといけないと思う。
ジャイゲコだって原因不明でダメだったって人のブログも読んだことあるし。

でもね、ムツゴロウさんが本に書いてたけど、死に分かれて「もう二度とこんな思いはしたくないから飼わないっていうんじゃなく、その子が“生き物と暮らすってこんなに楽しんだよ”って教えてくれたんだから、何度でもその経験を楽しんでほしい」って。
めげずに頑張ろうよ♪クウちゃんのためにも。

No title

この記事を見て
うるぐるさんが少し気持ちが落ち着いたのかな?
と思い安心しました。
もちろんまだ辛いお気持ちでしょうが。
パロットパラダイスさんのような
活動をされてる方は、本当に大変だと思います。
でもそういう裏側もきちんと見せて頂けると
鳥飼いとしては安心できますね。

アカクロオウムの羽根、きれいですね。

No title

おはようございます~
鳥に囲まれてリフレッシュされたみたいですね~
気分転換になって良かった♪

ブリーダーとして多くを扱い、販売してるといつの間にかお金しか見えなくなるんですかね・・・
好きではじめるのがキッカケのような気がするけど、悲しいことですね。

No title

いかなる理由であれ、最後までお世話してあげて欲しいですよね。
引き取ってくれる人がいるから、
その子たちは安心して暮らしているけれど
もしも、引き取り手がなかったらどうなっていたんだろう。。。
そんなことも考えてしまいました。

気分転換できたようで、良かったですね☆

No title

うるぐるさん、こんばんは~
生き物を飼う以上は、悲しいけれどお別れ避けられないような気がします?!
最近の僕にいたっては、自身の方が先に逝く事を考えてしまいます。その時は、爬虫類は万人受けしていないので、ちゃんと考えて飼育していかないと・・・
なーんてアホな事を考えたりしています。

国内の生き物ばかりでなく、異国の珍しい生き物を飼育出来る様になっているのに、一部の心無い人間による悪行によって法規制が厳しくなっていくのが残念です。
このままだと生き物の売買自体が禁止になってもおかしくない、売買しちゃいけないのでは・・・と思ってしまいます。

とは言え、自身も偉そうな事は言えないのですが・・・。

クウちゃんの故郷に行かれたんですね。

パロットパラダイスのオーナーさん、本当に鳥好きなんだなぁと私も思います。
商売っ気がなくて、根っからの鳥好きなのが伝わってくるので大好きです( ´艸`)

うちのモモは売れ残りだったけど、ちゃんと1羽で大きなケージに住んでいました。
リンゴやら粟穂やらおやつもたくさんもらって。

私も、見えないブリーダーに腹が立ちます。
そんな悲しい鳥さんが存在するなんて胸が締め付けられます。

鳥パワーは充電されましたか?(´・ω・`)
私もまたクウちゃんのパパママ妹たちにも会いに行きたいなぁ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うるぐる

Author:うるぐる
キャプティブケロルブログへようこそ!
日々の成長を綴っていきたいです
リンクフリーです☆
よろしくおねがいします^^

カテゴリ
最新記事
最新コメント
コガネメキシコインコ  ナナ
オオバタン  ユイ
ニシアフリカトカゲモドキ ナルト
ヒョウモントカゲモドキ
小鳥すとKOBE
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

小鳥のおうち

I.Natural Life

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆

『THIS・IS・NOIZE』

はちゅの宅急便

smile now cry later

T.Room of hobby 2
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。